ETCレーンのトラブル

ETCレーンのトラブルなど

ETCで高速道路が1000円という制度が開始され、多くの人がETC割引を利用する為にETCを導入しています。

 

そして、ETCで高速道路が1000円という制度が適用されて以降、多くの車がETCレーンを通過するようになりました。

 

これによって、渋滞の緩和が期待されています。
ETCで高速道路が1000円という制度自体、その効果を狙ってのものですから、良い流れで来ているといえるでしょう。

 

ただ、やはりまだ慣れていない人が大挙するので、どうしてもそこはトラブルの発生源となってしまいます。
ETCレーンでどのようなトラブルが起こっているのでしょう。

 

よくあるトラブルは、前の車が停まらないことを前提に走る為、ぶつかりそうになるというものです。

 

ETCレーンは基本ノンストップで進めますが、車載器やカードに問題があったり、あるいは一般者が誤ってETCレーンに進んでしまった場合は、停車を余儀なくされます。

 

それを想定せず、そのまま走っていると、当然ぶつかってしまいますよね。
こういった状況を回避する為にも、レーン前では徐行をするようにしましょう。

 

また、ETCレーンのない料金所ともまだ一部あります。
そういう所では、どうやって精算すればいいかわからない方も多いかと思います。

 

入り口にETCレーンがない場合は、一般レーンで通行券を受け取って、出口料金所でも一般レーンに行き、係員の方に通行券とETCカードを渡せばOKです。

 

また、出口にない場合も、同様に一般レーンで係員の方に通行券とETCカードを渡す事になります。