ETC車載器について

ETC車載器

ETC車載器についても詳しい説明をしておきます。
車載器は、無線通信機能を搭載したETCを利用する上で絶対に必要な機械です。

 

これがなければ、ETCで高速道路1000円の制度が開始した今でも、1000円での利用ができません。
この制度をしっかりと利用する上では、必ず必要な装置です。

 

このETC車載器は、最初から付いている車も最近ではかなり増えてきているようです。
ただ、これ単体でも購入できるので、敢えてETC導入車を購入する必要はないでしょう。

 

このETC車載器には3つの種類があります。

 

まず、ETC車載器本体、ETCカード挿入部の2ピースタイプです。
アンテナは中に収められています。

 

次に、ETC車載器本体、ETCカード挿入部、アンテナの3つで構成された3ピースタイプです。
ダッシュボードにアンテナを取り付け、本体は車内の何処にでも設置可となっています。

 

そして最後にビルトインタイプです。
これがいわゆるETC導入車で、車の一部としてETC車載器本体が既に設置されているものです。

 

カーラジオやカーナビを搭載している車を思い浮かべてください。
そのラジオやカーナビと同じように、車の一部としてETC車載器がついているという形ですね。

 

ETCで高速道路を1000円という制度を利用する場合は、このいずれかの車載器を用意する必要があります。

 

値段はだいたい2万円前後となっているので、それほど高い買い物にはならないかと思います。