高速道路の割引制度

高速道路の割引制度

2009年3月〜4月に開始した、ETCで高速道路が1000円という制度。
まだ産声をあげたばかりという事で、まだ完全にその内容は浸透していないかもしれません。

 

ETCで高速道路が1000円とうたっているものの、本当に1000円で乗れるのか、という疑問を持っている方もいる事でしょう。

 

そこで、改めてこのETCで高速道路が1000円という制度について見直していきたいと思います。

 

まず、この割引制度はETCを搭載した車に限られている事は、周知の事実かと思います。

 

ETCを利用していない車で高速道路に乗っても、該当の割引は行われない事を頭に入れておく必要があります。

 

次に、1000円という言葉が独り歩きしていますが、全ての日時、区間で1000円というわけではありません。

 

1000円となるのは、一部の有料道路を除いた土日祝日のみです。
まだ一部適用されない道路もありますし、平日は1000円ではありません。

 

では、平日はこれまで通りかというと、そういうわけでもありません。
平日はこれまでの料金から3〜5割を引いた料金となります。
もちろん、ETC導入の車に限ります。

 

これらの制度は、今のところ期限付きとなっており、2010年までという事になっています。
ただ、それは今後の利用者数や経済状況を見て、延長するか止めるのかを決める事になりそうです。

 

このETCによる高速道路の割引によって、多くの人はETCを導入したと思います。
また、導入を検討しているかと思います。

 

ただ、全ての有料道路が毎日一律1000円で乗り放題、という認識は持たないよう、注意してください。