高速道路の割引開始スケジュール

各高速道路の割引開始スケジュール

ETCで高速道路が1000円という制度は、2009年3月28日に開始されました。
しかし、この日から全国一律土日祝日に1000円、というわけではありませんでした。
段階を追って、徐々に割引エリアを増やしていった格好です。

 

では、ETCで高速道路が1000円という制度はどのようなスケジュールで行われてきたのかを見ていきましょう。

 

まず、この制度が実施されたのは、実は2009年3月28日が最初ではなかったりします。

 

その8日前の3月20日、全国に先駆け、本四高速、アクアラインが上限1000円の料金設定となりました。
試験的な意味合いもあったのかもしれませんね。

 

また、23日には本四高速連絡橋の平日3〜5割引という割引も開始しました。

 

そして28日、地方圏路線の休日1000円、東京大阪の大都市近郊区間の休日三割引、阪神高速道路の休日三割引制度が開始しました。

 

翌29日には首都高速道路の休日3割引がスタートしています。
さらに30日には、地方圏路線の平日3〜5割引制度が開始しました。

 

これを見て頂ければわかる通り、全ての区間が1000円均一ではありません。
その為、1000円で利用し放題というわけではなく、区間が変わるごとに料金が発生するという状態になっていました。

 

しかし、4月29日には二重徴集解消の為、地方圏路線の土日祝日1000円が大都市圏でもまたげるようになりました。
これで、だいぶ移動コストが安くなったかと思います。

 

今後は、土日祝日の観光バスの割引や、時間帯割引100km制限の緩和、割高な区間の割引などが検討されています。