本州四国連絡高速の割引状況

本州四国連絡高速の割引状況

本四高速の愛称で親しまれている本州四国連絡高速でも、ETCで高速道路が1000円という制度が適用されています。

 

西日本のさらに西、本州最先端と四国のエリアを跨って通っているこの高速道路を利用し、温泉旅行や帰省をする方は多い事でしょう。

 

ETCで高速道路が1000円という制度の実施によって、その頻度はさらに多くなる事が予想されます。

 

そんな中、具体的にはどんな割引が実施されるのかを見ていきましょう。

 

まず、このエリアに関しては、全国的にETCで高速道路が1000円という制度が実施される前の3月20日から割引が始まりました。

 

ただ、この本四高速が管轄しているのは高速道路ではあっても、高速国道ではないようです。

 

本四高速には西瀬戸自動車道、瀬戸中央自動車道、神戸淡路鳴門自動車道の3つの区間がありますが、いずれも国道の自動車専用道路なので、深夜割引、通勤割引、早朝夜間割引といった割引が適用されないのです。

 

ただし、ETCで高速道路が1000円という制度は実施されるので、土日祝日は上限1000円となります。

 

この本四高速に関しては、他の高速道路ほど大きな割引はありません。
その為、平日の利用の場合は、やや割高に感じる事があるかもしれませんね。
こればかりは、制度上の問題なので仕方ない部分はあります。

 

とはいえ、土日祝日に関してはしっかり1000円以内での利用が可能なので、休日を利用して旅行や規制を行う人には、特に問題なく、かなりお得な交通費で利用できる事でしょう。

 

料金体制は現状では平成23年までとなっていますが、今後また見直しが成される可能性はあります。