ETC導入の費用

ETC導入の費用

ETCを導入する場合、その費用がどのくらいかかるかという点は、多くの人が知りたいところかと思います。

 

いくらETCで高速道路が1000円という制度ができたとしても、この費用がかなりかかるようだと、トータルであまりプラスにならないのでは、という不安が生まれるからです。

 

実際、もし何十万円もかかるようなら、導入を見送りたいという人もいるのではないでしょうか。

 

ETCで高速道路が1000円という制度の恩恵よりも、この出費の方が大きくなっては、あまり意味がないですよね。

 

では、ETCを導入する場合、実際にどれくらいの費用が必要なのでしょう。
ETC導入の為に必要な物にかかる費用を、それぞれ見ていきましょう。

 

まず、ETCカード。

 

ETCを利用する為には必要なカードですが、この発行にかかる費用は、ゼロと考えて良いかと思います。
通常のクレジットカードを作る場合と同じで、基本的に費用は発生しません。

 

ただ、所持する中で年会費が発生するカードもあるので、注意が必要です。
その場合は、1年で数千円ほどの年会費を消費する事になるでしょう。

 

次に、車載器です。

 

この車載器には、2ピースタイプと3ピースタイプがあります。
アンテナ一体型か、アンテナ別個型かの違いですね。

 

このどちらが安いかというと、一体型(2ピース)のほうが安かったりします。
大体一体型だと1万円前後、別個型だと1.5万円くらいと考えて良いかと思います。

 

そして、最後にセットアップ費用です。

 

中には自分でセットアップをしようと考える人がいるかもしれませんが、自分で行うメリットは特にありません。

 

むしろ逆にお金がかかったり、問題が発生したりする事の方が多いので、委託するようにしましょう。
費用は3000円程度です。
また、車載器を車に取り付ける場合は、5000〜1万円ほどかかります。

 

合計すると、ETC導入費用は大体2〜3万円といったところですね。

 

ETCで高速道路が1000円という制度で得られる恩恵を考えれば、これくらいの費用なら十分元が取れるかと思います。