ETC都道府県別の普及度

ETCの都道府県別の普及度

ETCで高速道路が1000円の制度が発表されて以降、ETCを導入する家庭が一気に増えていきました。

 

実際に実施された2009年3月の増加件数は150万件以上で、ETCで高速道路が1000円の注目度がいかに凄かったかが伺えます。

 

そんな中、ETCで高速道路が1000円という制度にはタイムラグがあり、一部地方では4月下旬まで割り引きが始まらないところもあったのです。

 

そういった点も踏まえると、都道府県によって普及に差が出てきているのではないか、という疑問を持つ人もおられるのではないでしょうか。

 

では、都道府県別に現在のETCの普及率を見ていきましょう。

 

まず、ETCの全セットアップ件数が一番多いのは、やはり東京です。
430万件のセットアップが行われています。
割引が実施された3月の増加率も高いですね。

 

また、同じ関東区域では、神奈川県もセットアップ件数が多く、全国4位の数字が記録されています。
尚、2位は大阪、3位は愛知です。
ここまでは、人口の多さに比例しているといえるでしょう。

 

では、あまり普及が進んでいない地域はどこでしょうか。
まず全体としては、西日本の普及があまり進んでいないようです。

 

特に九州は、東北と比較してもかなり少なくなっています。
恩恵の少ない沖縄県はともかく、宮崎県、佐賀県といったところも10万件を切っています。

 

そんな中で特にセットアップ件数が少ないのは、鳥取県です。
鳥取県ではまだ5万件強しかセットアップが行われていません。
これはダントツで少ない数字です。

 

何故こうなったかというと、鳥取県の交通の中心である鳥取自動車道の終点の鳥取市は、全国の県庁所在地でただひとつ、高速道路が開通してない市だからなのです。
現在高速道路を急いで作っているようです。