ETCの導入方法

ETCの導入方法について

ETCで高速道路が1000円という制度が確立してからというもの、ETCへの注目は日に日に高まってきています。

 

ETC高速道路1000円の制度は、ETC導入車でなくては適用されない割引なので、嫌でもETCに注目が集まるというわけです。

 

やはり、割引というものは多くの人の関心を集めるようで、不断なはまり高速道路を利用しない人も、こういった話題には興味津々、というケースが多いようですね。

 

「ETC高速道路1000円」というのは、単に値段を引き下げただけでなく、日本の交通の在り方を見直す機会を作ったと言えるでしょう。

 

では、そんな日本の交通の最先端技術とも言えるETCを実際に取り付ける場合、どういった手順を踏む必要があるのでしょう。

 

それほど難しいわけではないですが、やはり知っておかないとトラブルの要員となってしまうので、確認も含めて見ていく事にしましょう。

 

まず、カードと車載器を入手する必要があります。
カードというのは、いわゆる「ETCカード」と呼ばれる、ETCの機能を持ったクレジットカードです。

 

つまり、クレジットカードを作る必要があるという事ですね。
普通のクレジットカードとして利用できるカードなので、審査はクレジットカードに準拠されます。これを、カード会社に発行してもらい、手元に持っておく必要があります。

 

次に、車載器ですね。
この車載器はカー用品店、自動車整備工場、ディーラーといったところで購入可能となっています。