ETCの注意点

ETCの注意点について

ETCは、高速道路1000円という制度の開始によって、一気に利用者が増えている状況です。

 

高速道路が一律1000円というのは非常に魅力的ですし、特にゴールデンウィークやお盆の時期には、かなりの数の車がETCレーンを利用する事でしょう。

 

そんな「ETC高速道路1000円」制度開始の余波で、ETCの知名度は大幅にアップしましたが、同時にそれはトラブル増加を生む要因となる可能性も秘めています。

 

そういったトラブルを最小限に抑える為には、予め注意点を知っておく事に尽きるでしょう。
無用なトラブルを避けるためにも、是非知っておきましょう。

 

まず、ETCレーン周りの注意点を覚えておく必要があります。
ノンストップで料金所を通過できるという事で、そのままの速度でレーンに向かえると思っている人もいるかもしれませんが、それは危険です。

 

レーンの開閉バーは車載器と情報交換が正常に行われた段階で、やっと開きます。
万が一そこで疎通がうまく行かなければ、バーは開きません。

 

そういった点は必ず考慮しておきましょう。
基本、ETCレーンの通過は徐行(時速20km前後)が推奨されています。

 

次に、ETCレーン前での車間距離です。
まだETCが完全に普及していない現在、中には間違って一般者がETC専用レーンに入ってしまう事があります。

 

そういう場合は、停車を余儀なくされますが、もし車間距離が開いていないと事故の元です。必ず十分な車間距離をとりましょう。

 

さらに、カードにも注意が必要です。
カード挿入及び取り出しは確実に、そして必ず停車中に行うようにしましょう。
また、カードの使用期限にも注意が必要です。