ETCカードのトラブル

ETCカードのトラブルなどについて

ETCで高速道路が1000円という制度によって、多くの人が今後ETCカードを作ることになるかと思います。

 

実際、ETCで高速道路が1000円という制度が開始された2009年3月以降、カードの発行部数は急激に伸びています。

 

このETCで高速道路が1000円という制度は、ETCカードがないと利用できないので、当然と言えば当然かもしれません。

 

そして、発行部数が増えるという事は所持者が増えるという事で、所持者が増えるという事は、トラブルも増えるという事になります。

 

そんなトラブルを未然に防ぐ、あるいは起きても直ぐに解決できるよう、幾つかのトラブルについてご説明しておきます。

 

まず、ETCカードは車載器に挿し込む事で利用します。
これをいつ行うかというのは、結構重要です。

 

もし走行中に抜き差しを行うとなると、事故の原因になります。
同時に、故障の要因ともなるそうです。

 

ですので、挿し込みは必ず車を発進させる前に行いましょう。
抜くのも車を停めてからで構いません。

 

また、カードを車内に置いたままにするのも危険ですので、ちゃんと他のカードと同じように管理しておきましょう。

 

次に、入り口と出口で違うカードを利用しないという点です。
もし、入り口で使ったETCカードと、出口で使うカードが違った場合、開閉バーが動きません。通過できなくなり事故の元になるので、必ず同じカードを利用しましょう。

 

また、仮に車載器がない場合、あるいは故障した場合、ETCカードを利用してETCレーンを通過できるのでしょうか。
答えはNOです。

 

もし車載器が故障した場合は、一般レーンを利用してください。
当然、その場合は割引はできなくなります。