そもそもETCって何?

そもそも、ETCって何でしょう?

「ETC高速道路1000円」という制度が2009年3月28日から始まった事で、ETCというシステムに対してかなりの注目が集まっています。

 

というのも、ETCを搭載していないと割引がなされないからです。
元々、知名度があまりなかったこのシステム、果たしてどんなものなのでしょう。

 

ETCとは、「エレクトロニック・トール・コレクション・システム」の略です。
そしてこのシステムというのは、簡単に言えば高速道路などの有料道路を利用する際に、ノンストップで通過できるというものです。

 

通常であれば、高速道路等の場合、その入り口と出口で料金を支払う必要がありますよね。
昔であれば、直接手渡しでそこに駐在している人にお金を支払っていましたが、最近は自動収受機にお金やカードを入れるというのが一般的でした。

 

しかし、このETCを導入した車は、自動収受機を利用する必要もなく、そのまま通過できます。

 

もちろん、料金を支払わなくて良いというわけでなく、ETCレーンというETC専用のレーンを通過する事で、無線通信機能を利用した支払いが行われるというシステムになっています。

 

もう少し詳しく説明しましょう。
無線通信機能によって、ETCを搭載した車と料金所のシステムが情報交換を瞬時に行います。

 

そして、その照合が正確に行われ、「この車はETC搭載車両だ」と認識された場合、ETCレーンの開閉バーが開き、車が通れるというわけです。
安全の為、スピードはかなり緩める必要があります。

 

ETCで高速道路が1000円という制度の導入で、このETCというシステムが注目された事は間違いありませんが、この制度によって、ETCがどの程度普及するかというのは、まだわかりません。
今後のアピール次第といったところでしょうか。